fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

冬になっても、リスが森に帰らないのは、今年が初めて。
ここに永く住んでる、隣の人が教えてくれた。

少しの、クルミとヒマワリの種で、ここにいてくれた。
毎日、元気いっぱいだ。

   1.jpg

何の悩みも無いように見える。  機嫌良く遊んでいる姿を見ると。

   2

こっちの目で私を見てたら、反対の目は、何を見ているのか。
両方を、ちゃんと見れるのか。
   
   3

リスは、大きな木の穴(洞)に住む。 でも、そんな木は、ここにはない。
毎日、どこに寝ているのか。  
雪と風をしのげる、隙間のようなとこを見つけたか。
でも、低いとこなら、猫に襲われる。

そんな心配があって、リスの家を作った。 作ろうと思って、1か月が過ぎた。
学校の工作室で作った。 昨日だ。
大体の設計図は、頭の中。  電動のノコギリがあったので、楽だった。   

目標は、木の穴と同じ温かさにする。 そのためには、
   ① 断熱材を入れる。
   ② 入り口を、工夫する。     
断熱材は、発泡スチロール。  
見えないけど、床にも入れた。  もちろん、屋根にも。

風が入りにくくするため、フードを付けた。
写真には写っていないが、2カ所に、スズランテープを裂いたのをぶら下げた。
奥の部屋の広さは、4匹くらいは寝られる広さ。

   4

屋根をかぶせたら、こんな感じ。 完成。
久しぶりに、こういう物を作ったけど、「作る」というのは、面白いですね。
昨日の昼頃作り始めたが、終わったときは、真っ暗だった。
まあまあの出来。 満足。

   5

今日取り付けた。 一人では無理。  近くに住む同僚に来てもらった。
秋に見つけた巣の近くに取り付ける予定だったが、やめた。
道路を横切らなくてもいい木を探した。

同僚のアドバイスもあり、下の木にした。 この木にも、毎日遊びに来る。
私の家から、10㍍。   高さは、3㍍。
屋根を取り付ける前に、柔らかな枯れ草を、部屋に敷いた。
両方の木に、しっかりと縛り付けた。

入り口の辺りに、クルミとヒマワリの種を置いた。

   6.jpg

後から見たら、こんな感じ。

   7.jpg

住んでくれたら、うれしいなあ。  
もし住んでくれたら、リスの家の下にも、餌台を作ってやるか。
今までの餌台は、そのまま。  あれは、色んな所から見える場所にある。

師走に入って、また一ついいことした、と思っていたんだが、実は問題があった。
昨日、雪の地蔵さんを紹介した。
「かさこじぞう」という話しがあるんだが、その中で、じいさんは、地蔵に笠をかぶせたり、優しかった。
私はどうしたかと言うと、車から降りないで、写真を撮っただけ。
だいぶ違う。

これでは、宝くじは当たらない。 まだ買ってないが。
でも、あそこには、六地蔵でなく、いっぱい地蔵がある。
見て見ない振りをすれば良かったのか。 いや、行かなければ良かったんだ。
なんか、考えがけちくさくなってきた。

   21FS029NPGL.jpg

カケスがやって来た。  きれいな鳥だが、鳴き声がダメだな。 ギャーギャーって。
鳴かないで、黙っていれば、すてきなのに。
そう言えば、じゃべったら魅力半減という女の人もいる。 (男にもいるが)
例えば誰だ。 え~とね、あの人。 (ここで、終わり)

こんな人もいる。
いっつも喋っているから、話さないときの姿が思い出せない人もいる。

   8

反対に、口を開いたら、魅力倍増という人もいる。
最近そのことを感じたのは、ゴルフの「古閑美保」。  おもしろい人だ。
昔、江利チエミ を見たとき、それを感じた。 古すぎるか。

   古閑美保

昼間、山道に行ってみた。 あっちこっちの。  もう一度吹雪いたら走れなくなる。
どこの林道にも車が入っている。
きっと、鹿のハンターだ。  
流れ弾が飛んできたら大変だ。  奥まで入らないで、帰ってきた。 収穫なし。 
下の写真は、「満開の桜」「子狐」で登場した廃屋。

   家


「今日の歌」は、遠藤実が亡くなったので、彼の作った歌。

1曲目は、「くちなしの花」(YouTube) 渡哲也が歌っていた。 テレサ・テンで。 この歌を初めて聞いたのは、大学を卒業して、根室に面接に行った帰り。 釧路の居酒屋で。

2曲目は、舟木一夫「高校三年生」(YouTube) 

3曲目は、美空ひばり「哀愁出船」(YouTube) ひばりの若いとき。 上手だなあ。


おまけの1曲は、ザ・ピーナッツ「情熱の花」 外国の唄。 今日は、古い唄ばっかり。 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui21.blog.fc2.com/tb.php/374-9321e48f

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。